「SA7」Mission:Candy Night

こんにちは。プチレーヴ運営局です。


『電撃Girl's Style』2015年3月10日発売号に掲載していただいた

「SA7-Silent Ability Seven-」のSSを当ブログでもご紹介させていただきます。


*********************

「Mission:Candy Night」

登場人物:橘理人(リード)有働巽(キール)


「キール、話がある。その場で待機していてくれ」

深夜、ARKが所有するホテルの一室から狙撃ミッションを終えた俺の元に、リードから通信が入った。

「通信じゃ、まずいのか?」

「……あぁ。30分後に合流する。俺が到着するまで、キールはその部屋に盗聴器などがないか、再度確認をしてくれ」

「了解」

リードの口調から、深刻さを察した俺は、ミッション前と同様の慎重さで部屋を調べた。

そして……きっかり30分後、リードが部屋に現れた。

「話っていうのは?」

「……あの“新人”のことだ」

「あぁ、“あの子”か。まだまだ直感能力にはムラがあるようだが、訓練や今後のミッションの振り分け次第……成長に期待だな」

「期待……」

「なにかあったのか?」

常に冷静で、自分の判断には絶対の自信を持つリードが何かに迷っている?

もしかして、超論理的思考の持ち主である彼は、まだ彼女の直感能力を信用出来ないのだろうか?

「……先月」

俺は、先月行ったミッションを思い出す。

確か中旬に、リードの俺と彼女が三人で行ったミッションが一度だけあった。

あの件で何かあったのか? ただの簡単な監視ミッションでしかなかったが……。

「先月、キールはあの新人から……その、ば、バレンタインのチョコレートを受け取っていたな」

「……は?」

バレンタイン? チョコレート?

「忘れたなら、本部に残っている監視カメラのデータを――」

「いや、忘れてないぞ。ちゃんと覚えている」

手作りらしいチョコは、なかなか美味かった。

「確か、俺がもらった後、リードも受け取っていたよな?」

「あ、あぁ……」

さっきからリードは、俺を見ない。

落ち着きなく、視線を泳がせている。

「あの時、キールはあの新人に『お返しは期待していてくれ』と言っていたが……何を返すのが最適だ?」

「お返し? ……あー、マシュマロとかクッキーとかお返しすればいいと思っていたが。何かまずいのか?」

「……なるほど。キャンディーは?」

「あぁ、いいんじゃないか? なぁ、リード。お前まさか……」

「なんだ?」

「お前、ホワイトデーに女の子にお返ししたことないのか?」

一瞬、リードの動きがピシッと止まり……そしてどんどん眉間のシワが深くなる。

「……本件は機密として扱え。もちろん、ARKの人間への口外も禁じる」

結局、リードは俺の問いには答えず、部屋を出て行ってしまった。


これからも一緒に...!

こんにちは。きりこです。


昨夜も北海道で地震がありましたが、

北海道の皆さん大丈夫ですか?

無事をお祈りしております。


さて、本日は私が書く最後のブログになります。

昨日はプチレーヴ・ノワールで最後のブログを書いて、

また同じ会社でブログを書いているのも妙な感じですが……書きます。


タイトル毎にちょっとした思い出などをざっくりと。

とても長いので読み飛ばしてください。


■爽海バッカニアーズ!

このタイトルは、私がまだ同業他社にいた頃のタイトルでした。

当時、『B's-LOG』誌に掲載されているのを見て、

「キャストが豪華だな」と思っていました。

ドラマCDやゲーム制作に関わる機会はなかったのですが、

プチレーヴ5周年記念でグッズを作らせてもらえて嬉しかったです。

女性向けゲームなのにそれっぽくないドラマCDは

次回予告含めて本当に面白いのでぜひお聴きください。

FTL ONLINESHOPで大変お買い求め易くなっています(※宣伝)。

個人的にゲームで一番好きなイベントは、

リアンとディーンのダンスシーンです。

イベントスチルも素晴らしいと思っています。

FDが出るかどうかは分かりませんが、

もしドラマCDが出るならサディアス(CV.草尾毅)と

コンビになる海賊キャラでとある声優さんに

ご出演お願いしたいと思っていました。

あ! このタイトルでプチレーヴのスタッフは

男性しかいないという情報が浸透してしまったようですが、

それは事実と異なります。



■Goes!

まず最初は、黒音(CV.甲斐田ゆき)から入りました。

でも、一番聴いたキャラソンは、ヴィー(CV.白石涼子)の「あなたがいたから」と

新山正典(CV.國立幸)の「正義の目覚め」かもしれません。

「Goes!」はドラマCD? ゲーム? と謎から入りましたが、

ふゆの春秋さんが描かれる美少年たちを

女性声優さんが演じるというところに当時から、

そして今も魅力を感じています。

個人的な考えかもしれませんが、私は入りたい会社に

自分がやりたい仕事・好きな仕事が入社前に用意されているとは考えていない人間です。

これまで勤務してきた会社も、

好きな仕事(コンテンツ)が入社前にあったわけではありませんでした。

(※もちろん、ちゃんとどの会社も入社後に思い入れのあるタイトルが出来ました)

しかし、まさか個人的にファンだったタイトルに関わることが出来るとは思っていなかったので、

ラッキーというか……長く生きているとこういうこともあるんですね。

シナリオチェックも収録もグッズ制作もエイプリルフールも楽しかったです。

そうそう、人気投票では「Goes!」キャラの

カイ・ジョリス・佐倉(CV.斎賀みつき)が二回も1位で感動しました。

公式のお遊びにお付き合いいただきありがとうございます。

デザイナーさんの手が空いたら何かしら発表があるかと思うので、

うっすらとほんのりと期待していてください。

たぶん、お金は用意しなくて大丈夫です。

期待といえば、会社的には別の考えかもしれませんが、

個人的には私はゲームで攻略対象であったキャラクターの話は

完結していると思っているので、

私自身は天たちのFDは難しいと考えています。

ただ、この六陽魔法学校を舞台として、

一部キャラが絡む話は妄想していた時期があるので

関係各所のOKがとれればいずれどこかで発表したいなと思っています。

なんせガイドラインに抵触しなければ 二次創作に比較的寛容な会社ですので(アピール)。

これからも一緒にGoes! しましょう!



■SA7-Silent Ability Seven-

「SA7」に関しては先日のブログ

結構話をしてしまったので今日はちょっとしたお知らせを。

私が退職後、このブログで『電撃Girl's Style』誌に掲載していただいたSSを

あと1〜2作ほど特定の日に掲載予定です。

チェックしていただけると嬉しいです。

ちなみに、SSを書いていて一番筆が進んだのは

橘理人(CV.水島大宙)が絡む話でした。

難しいのはやはりアーサー(CV.工藤雅久)の話でした。

なんせ彼は喋らないので……本当に大変でした……

でも彼と日向翔太(CV.君嶋哲)に関しては、

ステラワースさんの特典小冊子で

ちょっと過去に関わる話を書くことが出来たのでほっとしています。

エイプリルフールの『痛点』はなかなか大変でしたが、

制作関係とWeb担当の方々に助けていただきました。

そうそう、公式サイトの四コマ漫画も

ゲーム本編とは関係ないのですが皆さん特徴掴んでいて

面白く魅力的に仕上げていただいたのでぜひ何度でも読み返してください!

OPの成瀬伶(CV.寺島拓篤)が歌う「Silent Ability」はもちろん、

EDのモノクロームさんの「Never end」も最高なのでぜひぜひリピートお願いします♪



■クランク・イン

私が原案を考えたタイトルではないのですが、

個人的に映画がすごく好きだったので

半ば映画を制作するような気持ちで制作していました。

大変なこともありましたが、

ブラインドの隙間から東京タワーを眺めて

誰もいない社内でひとり港区の住人ごっこするのが楽しかったです。

あと、疲れが最大限に達したら

夜から明け方まで映画館で3本ほどぶっ続けで映画を観ていました。

映画はいいものですよ。

そうそう、『Cool-B』誌に掲載していただいたSSを

緑ヶ島編・エドワード編・家庭教師編書かせていただきました。

自分が遠い昔の中学時代の頃のことを思い出しながらだったので大変でしたが(笑)

ステラワースさんの特典小冊子のSSも

制作時間の都合上、プロット作成や監修は担当して、

基本的にはシナリオライターさんに依頼させていただいたのですが、

村雲朔(CV.新垣樽助)の話だけは自分で最初から最後まで

全部書いてみたかったので頑張った記憶があります。

エイプリルフールの「クランク・イン コラボカフェ」も楽しかったです。

桜花舞さんにも素敵なイラストを描いていただき、

またそれらがアクリルフィギュアになるという……

本当はコラボカフェが実現できればよかったんですけれどね(笑)

あ、ちゃんと一度クリアしたらもう一度最初からプレイしてくださいね。

別視点のシナリオが収録されておりますので!



……うーん、本当はタイトルについてというか、

キャラひとりひとりについてもっとお話したいことがあったのですが、

倍以上の長さになりそうなのでこのあたりで終わりにしておきます。


最後になりましたが、社内外の多くの制作関係者の皆様本当にお世話になりました。

そして、プチレーヴのタイトルをお手に取っていただいた皆様もありがとうございます。

イラストやお写真、コメントでキャラの誕生日もお祝いしていただいたりと、私たちも楽しませていただきました。

皆さんの想いはきっと彼、彼女らに届いているはずです。

(両想いですね!)



それでは! いつかまた皆様とお会いできることを祈っております。


「SA7」Mission:Chocolate Talk♥

こんにちは。きりこです。


今日はバレンタインですね。

というわけで本日は、

思い入れのあるタイトルのひとつである

「SA7-Silent Ability Seven-」

バレンタインSSを紹介させていただきます。


SS「Mission:Chocolate Talk♥」は、

『電撃Girl's Style』誌の

2015年2月10日発売号に御谷いちろさんの

描きおろしイラストと一緒に掲載していただいたもので、

私がプチレーヴで初めて書いたSSだったかもしれません。

確かこのSSは、さすがにまだ「SA7」への理解も浅い頃だったので、

当時のディレクターさんに直してもらった気がします。


当時は「Goes!」の制作の割合が多かったので、

「SA7」は制作も広報もアシスタントという立場ではありましたが、

『電撃Girl's Style』誌や『Cool-B』誌掲載用や

ステラワースさんの特典小冊子用に書いたSS、

公式サイト用に書いたunknownたちのハロウィンSSなど

どれも楽しい気持ちで書かせていただきました。

(当時の私は楽しすぎてグッズ妄想ブログとかも書いていたようです)


この「Mission:Chocolate Talk♥」もそのひとつでした。

少し長いのですが、どなたかにチョコを贈る前にお時間があればご覧ください。


*********************

「Mission:Chocolate Talk♥」

登場人物:ゼロ(成瀬伶)エイジ(日向翔太)


エイジ「あとちょいでミッションコンプリート! ってトコで警戒レベル『高』になるとか、ツイてないよなー」

ゼロ「……そうですね。でも“あいつ”の直感もありますし、ひとまずこのあたりで待機しましょう」

エイジ「そーだな。それにしても、こんな暗い路地裏で男と待機ってのはどうなのかね、ったく。俺は本部で“あの子”みたいに可愛い子と一緒にサポートにまわりたかったんだけど」

ゼロ「……今回のミッションを遂行するためには、俺たちの能力が最適だったんだから仕方ないでしょう。もし選べるなら俺だって――」

エイジ「『俺だって』何なのかなー? なあ、ゼロ?」

ゼロ「……何でもありませんよ。別にいいでしょう。それよりちゃんとPDAチェックしてくださいよ」

エイジ「はいはい。お、警戒レベル『中』に下がったな」

ゼロ「リードさんのセキュリティシステムへのアタックが上手くいったみたいですね。でも、『エイジとゼロは引き続き待機』ってことは……」

エイジ「まだ何か危険があるかも、って所かな。"あの子"の感に引っ掛かるような」

ゼロ「そうですね。……少し、周囲の音をチェックしてみます」

エイジ「聴覚を高めるんだっけ。便利だよなー、その能力」

ゼロ「得意なのが聴覚ってだけで、五感ならどれでも可能ですけどね。それじゃ少し、静かにしててください」

エイジ「はいはい」

ゼロ「……聞こえます。ずいぶん軽いけど……これは足音? だが、足音が小さい……手練れの敵かも知れません! だんだんとこちらに近づいてます。一歩、二歩……って、えっ!?」

エイジ「……どうした?」

ゼロ「……すみません、勘違いでした。気配が薄く、足音を殺していたので手練れのエージェントかと思ったんですが……」

エイジ「違ったのか?」

ゼロ「途中で跳躍と着地音、それに鳴き声が聞こえたので、多分猫です……」

エイジ「く、くくっ……ゼロ、お前猫を敵と勘違いしてたのかよ? 緊張しすぎだって」

ゼロ「お、音だけだと紛らわしいんですよ!」

エイジ「それにしても……くくくっ、まあ、まだまだ新米だしなぁ。経験積めば大丈夫だって」

ゼロ「……エイジさんはいつも余裕ですよね」

エイジ「何事も力の入れすぎは良くないしな。自然体が一番。ほどほどがいいんだよ」

ゼロ「ほどほど……ですか。でも任務で気を抜いたら危ないんじゃ――」

エイジ「ゼロはマジメに考え過ぎ。ん〜、どうしたもんかなぁ〜? ……あ! そういえば、お前チョコレートいくつもらった?」

ゼロ「…………はい?」

エイジ「今日は2/14。バレンタインじゃん? で、俺たちは男の子。となると当然、女の子からチョコレートを貰う、と」

ゼロ「エイジさん……あの、今、ミッション中ですよ?」

エイジ「こういう時こそ雑談でリラックスってのが大事なんだぜ? で、どうだった?」

ゼロ「で? って言われても……。エイジさんはもらったんですか?」

エイジ「当然、たーっくさん女の子から貰ったよ」

ゼロ「あー……そうですか」

エイジ「そうだ! ゼロの能力って五感高められるんだよな? ってことは、味覚を高めるとチョコのおいしさも何倍かに感じたりするのか?」

ゼロ「……気持ち悪いくらい激甘に感じるだけですよ」

エイジ「なんだ、もったいない。そういや、ゼロは"あの子"からは貰ったか? なかなか手が込んでて、美味そうなチョコだったぞー?」

ゼロ「……へぇ、エイジさん、貰ってたんですね」

エイジ「まあな。で、お前はどうなんだよ?」

ゼロ「……別にどうでもいいじゃないですか」

エイジ「隠すなって。なあ、『"あの子"って良い子だよな?』」

ゼロ「……そうですね」

エイジ「『多分あのチョコ、一生懸命手作りしてくれたんじゃないか? 貰ったなら大事に食べないとなぁ?』」

ゼロ「そう、ですね……。大事……」

エイジ「『いつ渡されたんだ? もう食べたのか?』」

ゼロ「ミッション前に……貰って、後で……食べようとバッグに……って、はっ!?」

エイジ「そうかそうかー。やっぱり貰ってたな?」

ゼロ「……エイジさん、俺に能力使いましたね? “声”での催眠を……」

エイジ「さぁね〜? あ、そうそう、俺っていつもホワイトデーのお返しが大変でさぁ」


※30分経過


エイジ「――ってことがあって、俺は言ってあげたんだよ。君が一番だよ、ってね。そうしたらその子、赤くなっちゃって。ホント女の子って可愛いよなぁ」

ゼロ「(まさか30分も自慢を聞かされることになるとは……)」

エイジ「どうした? なんかお前、ぐったりしてない?」

ゼロ「いえ……。あっ!」

エイジ「ん?」

ゼロ「エイジさんの能力って、“声”の能力でしたよね? さっき俺に使ったみたいに催眠誘導みたいな事も出来る……」

エイジ「そうだけど? 正確には『警戒心をかいくぐり、相手を心地よくさせる波長の声』が俺の能力。それがどうかした?」

ゼロ「もしかして“声”を使って女の子を騙してたりするんじゃ……」

エイジ「な、何言ってんのお前!? ちょっと“声”かけてチョコもらったりなんて、そ、そんなことするはずないだろ!!」

ゼロ「ちょ、エイジさん、声大きい!」

エイジ「あ、ああ……悪い悪い。あのさ……本当に使ってないからな?」

ゼロ「わかりましたって……あ、警戒レベルが『低』になりましたね。ミッションを続行せよって指令も来てます」

エイジ「リードが上手くやったみたいだな。行くぞ、ゼロ! ミッション再開だ!」

ゼロ「はいっ!」


*********************


今思うと、「SA7」のキャラクターたちは

任務もこなすエージェントでありつつ、

日常の顔も持っているキャラクターであったので

季節のイベントに絡めやすかった気がします。

バレンタイン以外では夏祭りとか海の家とか。


「SA7」は気になっているけれど

まだプレイしたことがないという方は、ぜひプレイしてみてくださいね。

今、DL版がとてもお買い求めやすくなっています。


それでは、また。

次はどのタイトルについてお話しますかね?


少し先の話ですが、さようなら。

こんにちは。きりこです。

突然ですが、今月でプチレーヴを卒業することになりました。

理由はプチレーヴにも、プチレーヴ・ノワールにも、

私がこれから始めるブランドにも関係ないので省きますが、

もちろん、社長や他スタッフと喧嘩別れしたわけではありません(笑)

(喧嘩してたら「トロンプ・ルイユの夢」制作移管できませんしね)


あ! そうそう!

プチレーヴ・ノワールは始めた私がいなくなるので止まりますが、

プチレーヴは終わりません!

誕生日お祝い画像の終了ですとか、

「Goes!キャラパネル」譲渡やら福箱やらで

不安な方もいらっしゃるかと思いますが、

「あ、そういえばこういうブランドもあるね」程度に

ゆるゆると応援し続けていただければと思います。

私も一緒に見守ります。

プチレーヴさんのTwitterもフォローしちゃいました(*ノωノ)


「Goes!」を知って、ドラマCDを買って聴いた当時、

私はまだ他社ブランドに在籍していましたが、

「どんな会社が作っているんだろう?」とか

「ゲームだったら、パッと見このキャラはきっと最後に攻略できるやつだろうな」とか

「女性声優さんの少年声は至高……」とか

色々勝手なことを考えていました。

何度も書いてますが、まさか自分が制作に関わることになるとは考えてもいなかったです。

そして、その後も「SA7」と「クランク・イン」も作ることになるとは思いませんでした。

広報の経験しかない素人同然の私と一緒に仕事をしてくれた

キャストの皆さん、イラストレーターの皆さん、制作関係者の方々、

タイトルを掲載していただいたメディアの皆さん、

Future Tech Labのスタッフには感謝しかありません。

シナリオの一部やSSも本職のライターではないのに好き勝手書かせていただいて、本当にありがとうございました。

後悔としては、各タイトルの公式ファンブックが出版できなかったことと、

「爽海バッカニアーズ!」と「Goes!」のSSだけは書く機会がなかったことです。

(機会があれば公式でも同人でも書きたいアピールをここでしておきます)


ちなみに、転職前は「爽海バッカニアーズ!」と

「Goes!」が同じブランドというのは把握しておりませんでした。

おそらく、当時の私と同じような認識の方は

まだまだいらっしゃるのではないでしょうか?

まぁ、ブランドのファンになるも良し、

タイトルのファンになるも良しの世界だと思うので

今後もプチレーヴにはブランドの認知度を上げつつも

個々のタイトルのファンを大切にしていただきたいなと願っています。

私は「私だったらこうしてもらえると嬉しい」程度のことしか

出来ていなかった気がするので……それは申し訳ないです。


退職日まではまだ少しあるのですが、

時々出社してはこうして少しずつ思い出を綴ってみようと思います。

最終日までどうかよろしくお願いいたします。


さようなら。そして楽しい生活を。

こんにちは。プチレーヴ運営局です。


諸事情により、これまで販売店様やAGFなどのイベント、

弊社エントランスで色々な方をお迎えしてきた

「Goes!」キャラクターパネルを手放すことが決定しました。


昨日から本日16時までTwitterにて

お譲り先の募集をしていますので、

「着払い送料はちょっと高いかもしれないけれど、

ちょうど部屋にスペースがあるし、

Goes!キャラと一緒に生活したい……」

という方はぜひご応募ください。


明日1/17(木)に抽選し、諸々最終確認の後発送させていただきます。

抽選方法は、箱に名前を書いた紙を入れてスタッフが引くだけです。

きっとどの方が当たっても、大切にしていただけそうなのでほっとしています。



↑これは天のパネルですが、6キャラそれぞれ場所をとります。



最後に、いくつか今回のパネル譲渡について注意を少々。

既にご応募頂いている方も、念のためチェックしておいてくださいね。


<パネルに関しまして>

・大切にしてください。

・店頭やイベントに設置したものですので、汚れや折れ、パネルとスタンドにテープ跡がございます。

・オークション等への出品はご遠慮ください。

・返品・交換・修理依頼はご遠慮ください。

・黒音のパネルのみ、パネルとスタンドが分離しています。


<発送に関しまして>

・パネルは二つに折り、梱包材で軽く包んだ後、更に段ボール板で包んでいますが、発送時に更に折れや汚れが付く可能性がございます。


<着払い送料に関しまして>

・キャラパネルの着払い送料は、東京〜大阪で約5000円、東京〜北海道で約6000円、東京〜福岡で約6000円、東京〜高知で約5500円、東京〜沖縄で約27000円の予定です。

・パネルによっては送料多少前後する可能性がございます。



それでは、ご応募お待ちしております!


| 1/197PAGES | >>


2/20(月)発売!雑誌本
『B'sLOG(ビーズログ)4月号』
「クランク・イン」掲載ぴかぴか
「クランク・イン」の情報が
掲載されています!

2/10(金)発売!雑誌本
『電撃Girl'sStyle 3月号』
「クランク・イン」掲載ぴかぴか
「クランク・イン」
の情報が掲載されています!

2/3(金)発売!雑誌本
『Cool-B 3月号』
「クランク・イン」掲載ぴかぴか
「クランク・イン」・
「プチレーヴ・ノワール」
の情報が掲載されています!

Docomo5SA7Docomo5 ゲームゲーム
PSVita版エクステンション 2016年5月26日発売!
右斜め下詳細はコチラ左斜め下
blog_side_sa7_cmn.png
blog_side_sa7_lim.png


「Goes!キャラクターソングシリーズ
Vol.4〜黒音・シイナ〜」

ぴかぴか2016年4月20日発売ぴかぴか
Goes!キャラクターソングシリーズVol.4〜黒音・シイナ〜


「Goes!キャラクターソングシリーズ
Vol.3〜カイ・新山〜」

ぴかぴか2016年3月23日発売ぴかぴか
Goes!キャラソンVol.3〜カイ・新山〜


「Goes!キャラクターソングシリーズ
Vol.2〜ヴィー・日向〜」

ぴかぴか2016年2月24日発売ぴかぴか
Goes!キャラソンVol.2〜ヴィー・日向〜


「Goes!キャラクターソングシリーズ
Vol.1〜天・セイム〜」

ぴかぴか2016年1月27日発売ぴかぴか
Goes!キャラクターソングシリーズVol.1<br />〜天・セイム〜


「Goes!オープニング・
エンディング曲集」

ぴかぴか2016年1月27日発売ぴかぴか
Goes!オープニング・エンディング曲集


PS Vita専用ソフト「Goes!」
キャストが全て女性声優の乙女ゲーム
ぴかぴか2015年11月26日発売ぴかぴか
右斜め下詳細はコチラ左斜め下
Goes!通常版
【通常版】

Goes!限定版
【限定版】


晴れ爽海バッカニアーズ晴れ ゲームゲームPSVita版ラブ 2014年 7月17日発売!
右斜め下詳細はコチラ左斜め下

PSVita版




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

モバイル

qrcode